空飛ぶクルマ 最新技術/市場展望2021

// Urban Air Mobility (UAM) の未来//

ご案内  お問い合わせ  お申し込み  2020年12月25日発刊

  資料発刊要領
資料名

空飛ぶクルマ 最新技術/市場展望2021

発刊日  2020年12月25日
定価

エクセル版(データベース付)¥200,000円(税別)

通常版   ¥180,000円(税別)

PDF版   ¥160,000円(税別)

資料体裁 A4版 262頁

※ エクセル版は、冊子+印刷PDF+データファイル+特許出願/スペックDB

※ 通常版は、冊子+印刷PDFファイル

※ PDF版は、印刷PDFファイルのみ

INDEX 

第1章 空飛ぶクルマ最新技術開発動向

1. 空飛ぶクルマ実用化に向けた取り組み

空飛ぶクルマとUrban Air Mobility(UAM)

空飛ぶクルマとしてのeVTOL

空飛ぶクルマとしての空陸両用機

空飛ぶクルマの自律飛行技術

空飛ぶクルマの安全確保

空飛ぶクルマの規格動向

空飛ぶクルマの分類

2. 空飛ぶクルマのタイプ別技術動向

Multicopterタイプ空飛ぶクルマ

Lift&Cruise タイプ空飛ぶクルマ

Tilled Rotorタイプ空飛ぶクルマ

その他のタイプの空飛ぶクルマ

3. 空飛ぶクルマ実用化進捗状況比較

地域別開発進捗状況比較

タイプ別実用化進捗状況比較

機体別実用化進捗状況比較

4. 空飛ぶクルマ開発企業間関係

空飛ぶクルマとサービス企業関係

大手航空機メーカー×空飛ぶクルマ

大手自動車メーカー×空飛ぶクルマ

5. 空飛ぶクルマ関連国内特許出願分析

国内関連特許出願/公開件数推移

メーカー別特許出願件数ランキング

主要メーカー別特許出願件数推移

第2章 空飛ぶクルマ市場参入企業展開

① SkyDrive

SD-03モデル国内初の有人飛行

空陸両用機SD-XXコンセプトモデル

2023年サービス開始を想定

② EHang

AAV(自律航空機)によるeVTOL

年間600機 生産設備構築へ

UAV(無人航空機)からの展開

③ Bell Helicopter Textron

チルト型ロータによるeVTOL

Microsoft提携によるAerOS

航続距離241kmを実現

④ Volocopter

CY’23 エアタクシーサービス開始へ

離発着インフラVoloportの開発

バッテリー交換方式の採用

⑤ Joby Aviation

パイロット式eVTOL機開発

CY’23 サービス展開開始へ

トヨタからの量産技術導入

固定ロータによる空飛ぶクルマ

⑥ Vertical Aerospace

2024年 Flying Taxi サービス開始

マルチコプター型eVTOL機

移動コスト £5-10/mile

⑦ Kitty Hawk

個人用eVTOL機Flyer 生産中止

チルド型ロータ高性能機

Heavisideの高いエネルギー効率

⑧ Airbus Helicopters/A3

大型eVTOL機 Cityairbus

高い完成度のチルド型eVTOL機

エイキューブド バイ エアバス

実用的な空陸両用 Pop UP Next

⑨ Lilium

60min 300kmの飛行可能

2025年商用化へ数百機生産

2020年7月 東レとの提携

⑩ Hoversurf

CY’20 Hoverbike 発売

HoverBikeで採用する要素技術

高性能Drone taxi 開発

⑪ Wisk

自律飛行タクシーCora

UAM運用ルール策定

eVTOL機の技術的位置づけ

⑫ Jaunt Air Mobility

2019年Uber 車両パートナー選定

ヘリコプターに準じる飛行安全性

BAE Systemsの電動技術採用

⑬ Opener

PAV (Personal Aerial Vehicle)

操縦のための安全性/操作性を重視

⑭ teTra aviation

JAXAとの共同開発を開始

水平/垂直飛行で推進力有効化

⑮ Terrafugia

eVTOL TF-2発表

地上走行+垂直離着陸

実用性を重視したTF-2A

⑯ Aurora Flight Sciences

自律飛行型PAV試験飛行

貨物航空機自律型CAV

自律飛行に関する特許出願

⑰ NFT

高性能空陸両用機ASKA

SUVとしての車両性能

高度なAI自律飛行技術

⑱ Embraer

4名乗車eVTOL機開発

Flight Plan2030発表

⑲ OverAir

クアッドチルトローター機開発

Optimum Speed Tiltrotor (OSTR) 技術

⑳ Pipistrel Vertical Solutions

2017年 801 eVTOL 発表

貨物輸送機 Nuuva V300 実用化

㉑ Urban Aeronautics

ユニークなeVTOL機開発

水素燃料電池採用eVTOL機

ダクテッドファンによる推進力

㉒ PAL-V International

空陸両用車PAL-V liberty 発売

eVTOL機の開発へ

㉓ A.L.I.Technologies

実用型ホバーバイクの市場展開へ

三菱日立パワーシステムズとの共同開発

㉔ AeroMobil

AeroMobil 4.0 STOL予約受付開始

垂直離着陸AeroMobil 5.0 Concept

㉕ PRODRONE

パッセンジャードローン開発

国内最多の関連特許出願

㉖ Xpeng Heitech

一人乗りeVTOL機発表

㉗ AOSSCI(四川傲勢科技)

Geely傘下のドローンメーカー

第3章 空飛ぶクルマモビリティ事業展開

1. Toyota

Joby Aviationへの資本参加

空飛ぶクルマ関連特許出願状況

空陸クルマとしての空陸両用機

Mobility BusinessとしてのUAM

空飛ぶクルマへの応用技術

2. Daimler

Volocopter/Intel連合による参入

最速2023年サービス展開へ

3. Audi

空飛ぶクルマによる3D モビリティ

Pop.up Nextのエアモジュール

4. General Motors

空飛ぶクルマ市場参入を検討

アルティアム バッテリーの適用

5. Geely

eVTOL機TF-2Aプロトタイプへ

Lift&Cruise3機との性能比較

6. Hyundai

空飛ぶクルマ S-A1 量産を発表

分散電気推進システムによる安全性

Hyundai スマートモビリティソリューション

7. Rolls-Royce

電動航空機開発への取り組み

Cityairbus推進システム開発

8. AirBus

3つの空飛ぶクルマ開発戦略

Vahana試験飛行から実用化へ

9. Boeing

Kitty Hawkとの合弁による機体開発

ポルシェと空飛ぶクルマで共同した取り組み

10. Uber Technologies

2023年 Uber Air サービス開始へ

マルチモーダル モビリティへ

スカイポートとスカイレーン

第4章 空飛ぶクルマ要素技術の進展

1. 空飛ぶクルマタイプ別性能分析

機体タイプ別 航続距離ランキング

機体タイプ別 最高速度ランキング

機体タイプ別距離×速度相関関係

搭乗人数別 距離×速度相関関係

搭乗人数別の機体タイプ割合

地域別 航続距離×最高速度相関関係

地域別の機体タイプ割合

2. 空飛ぶクルマ要素技術の進展

大容量電池搭載で飛行距離延長

高トルク電動モータで静粛性向上

SICパワーデバイスによる高電圧化

炭素繊維材料による機体軽量化

分散電気推進による飛行安全性確保

3. 空飛ぶクルマ採用技術動向

空飛ぶクルマは技術の集約点

全固体電池の可能性

水素燃料電池のメリット

インホイールモータの可能性

その他の適用可能技術

4. 空飛ぶクルマ離着陸インフラ技術動向

離着陸ポートモジュール開発

電池交換システムのメリット

5. 空飛ぶクルマ機体スペック一覧

機体タイプ別スペック一覧

地域別機体スペック一覧

搭乗数別機体スペック一覧

第5章 空飛ぶクルマビジネスモデル

1. 救命/救急搬送、緊急出動

緊急出動 1人乗り機体

パイロット乗車救急搬送

2. 定期運航/乗客システム

短距離/自律飛行型UAM

中/長距離パイロット乗車型UAM

3. 都市エアタクシーサービス

1-2人乗車長距離Air Taxi

4-6名短距離飛行Air Taxi

4. 自家用空飛ぶクルマ販売

空陸両用型空飛ぶクルマ販売の可能性

レジャー用途/自家用空飛ぶクルマ販売

5. ライドシェアビジネスモデル

ライドシェアビジネスの4分類

ライドシェアビジネスの2形態

第6章 空飛ぶクルマ 市場規模予測

1. 空飛ぶクルマ普及シナリオ

大手メーカー機体量産→機体販売

UAMサービス市場の形態

空飛ぶクルマ機体販売の形態

2. 空飛ぶクルマ販売台数/金額予測

タイプ別販売台数/金額予測

地域別販売台数/金額予測

販売金額 タイプ/地域シェア予測

3. 空飛ぶクルマタイプ別性能予測

搭乗人数5名、2名機体が拡大

航続距離200km以下が市場拡大

100-300 km/hの中速機体が伸長

4. エアモビリティサービス市場予測

エアモビリティサービス市場規模推定方法

空飛ぶクルマUAM航続距離と運航回数

空飛ぶクルマUAM サービス単価予測

空飛ぶクルマUAM稼働機体4.2万機

空飛ぶクルマUAMサービス US$47.6B

5. 空飛ぶクルマ総市場規模予測

空飛ぶクルマ総市場 約6兆円へ

Tilled Rotorタイプ US$33.1Billion

欧州及び米国で20憶ドル市場形成へ

第7章 空飛ぶクルマ国内特許出願個票